脱毛サロンとクリニックの違い

脱毛クリニックは医療機関として捉えられる

脱毛サロンと脱毛クリニック最大の違いは、美容行為の延長であるか、医療行為の一つとして国から認められているかというものです。そのため脱毛サロンにいるスタッフはきちんと指導を受けたプロではあるものの、特別な認可があると言う訳ではありません。サロンによって教育方法は異なりますが、多くの場合は一通りの技術訓練を受けただけです。そのため資格がないと言う点については目に見える安心材料が明らかに脱毛クリニックと異なります。

 

安心して任せられるのは脱毛クリニック

資格がない事によって生じるリスクは、脱毛中の照射が完全ではなく、綺麗に脱毛しきれない恐れがあると言う事ばかりではありません。誤ったやり方や照射の方法をしてしまえば、肌に何らかのトラブルを発生させてしまうことにも繋がります。しかしこれに対して脱毛クリニックであれば、脱毛の施術をしてくれるのは必ず医師免許を持ったプロです。認可があるのは脱毛クリニックと言う施設に関してだけではありません。施術に使う脱毛機器も医療機器として許可された専用の物であり、それを使用するスタッフの全員が国から認められた有資格者となるのです。

 

脱毛クリニックは利益重視型の商売ではない

医師免許の有無によって生じる違いはそれだけではなく、施術の前や施術の後についても大きな差が出てきます。まず脱毛サロンの場合、施術前の相談については一般的なカウンセリングでしかありません。脱毛についての説明や、脱毛を受ける人の肌の状態を知るうえでは、欠かせない確認のための時間として設けられています。しかしそれに対して脱毛クリニックの医師によるカウンセリングは、単なる相談や説明だけにはとどまりません。きちんと脱毛に関するリスク説明も含めて教えてくれるので、脱毛を受ける人にとって有益な情報開示を適切に行ってもらえます。また、カウンセリングと言っても医師による診察と変わりないため、肌の状態によっては脱毛を控えるようにとのアドバイスをされる場合もあります。利益重視の商売ではなく、あくまで医療行為として患者と向き合ってくれるのです。事前の対応でさえサロンとクリニックとで異なりますが、万一の肌トラブルが発生した場合にも事後の対処方法に違いがみられます。たとえばもしも火傷をしてしまったとき、脱毛サロンでは対処できる医師は一人もいません。ある程度の応急処置はできたとしてもそれ以上の専門的な処置はしてもらえないので、最悪の場合にはやけどの跡が残ってしまう恐れもあります。それに比べて脱毛クリニックであれば、万一の時にはその場で早急に必要な処置を施してくれます。知識のある専門医が迅速に治療をしてくれるため、傷跡が残るようなリスクも最大限抑える事ができるのです。

 

機材の威力が断然異なる

安心な施術と言う面でも大きな違いがありますが、持っている技術にも明確な差があります。肌に対する知識量の差や、資格があるかないかという違いによって、扱える脱毛機器のレベルもサロンとクリニックとでは全く異なるのです。脱毛サロンの脱毛とは、いわゆる抑毛です。綺麗に脱毛できる事はもちろんですが、実は皮膚の中に毛根は残ってしまっています。毛根を完全に除去できるわけではないので再び生えてくる可能性もありますが、なぜ完全に除去しきれないのかと言えば脱毛機器の照射威力が弱いためです。資格がない人もいる脱毛サロンでは、抑毛ができるというレベルの脱毛機器までしか扱えないという事になります。その一方で脱毛クリニックであれば、非常に威力の高い脱毛機器を使用する事ができます。どんな施設でも簡単に取り扱えるものではなく、国からの許可が必要となる専門の機器です。

 

施術に差が出る

使用が認められている脱毛機器の威力が異なる事によって、当然ながら施術にも大きな影響が出てきます。照射の威力が弱い脱毛サロンの場合、一回で出る効果が弱くなってしまうためその分何度もサロンに通う必要が出てきます。それに比べて脱毛クリニックの場合、一回の照射だけでも高い効果が見込めます。そのため短い時間で脱毛をする事ができ、通う回数を大幅に減らすことが可能となるのです。大体の目安として、脱毛サロンは18回前後かそれ以上の回数をかけて通う事になります。しかし脱毛クリニックであれば、ほとんどの場合で5回程度通うだけでも効果が期待できるのです。通う回数が少ないという事は、それだけトータルでかかる費用も抑えられるという事にもなります。脱毛クリニックであれば脱毛を受ける人の様々な負担を軽減させる事ができるのです。